インパクトMの新型コロナウイルス感染症への対応

インパクトMでは、お客様、パートナー様、および従業員の健康を最優先に、各国のCOVID-19(新型コロナウィルス感染症)の拡大防止策や、世界保健機関 (WHO)の勧告などに基づき、現時点では下記のとおり対応しております。​

1. 勤務形態

  • 当面、全従業員 (社員、契約社員、協力会社社員など)は、セキュリティーに配慮のうえ、原則在宅勤務とする。​
  • 業務上やむを得ず出社する場合「3つの密」を避け、ソーシャル・ディスタンシング (人との距離を2m以上物理的に確保など) を徹底する。​
  • 業務上やむを得ずお客様のオフィスへ訪問する場合マスク着用などを徹底し、その他お客様のご要望があれば準拠する。​

2. 本人および周囲が罹患、濃厚接触者となった場合

– 本人が罹患した場合

  • 所属長へ連絡するとともに、治療については保健所や医師の指示に従う。療養・治癒した後は、産業医の許可が出るまで休暇とする。​
  • 保健所などの関連機関と連携し、濃厚接触者の特定・通知につとめる。​
  • 既に医師の診察を受けており、感染の疑いがあると判断された場合も所属長へ連絡する。​

– 濃厚接触者となった場合、ならびに家族や周囲が罹患し自身が濃厚接触者となる可能性がある場合

  • 所属長へ連絡するとともに、 接触のあった日から14日間は在宅勤務とする。​
  • 家族など従業員と同居する者が海外から帰国した場合、帰国者に発熱等の症状が無くとも、従業員は14日間の在宅勤務とする。​

3. 出張

  • 海外出張は禁止する。​
  • 国内での遠距離出張は2020年6月30日まで禁止する。​
  • 海外から帰国した場合、帰国した日から14日間は在宅勤務とする。​

4. イベント/会議への参加

  • 10人以上の参加者が対面する第三者主催のイベント/会議については、2020年6月30日まで参加を原則禁止する。​

今後も最新の状況に応じた対策を講じてまいりますので、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。​

Scroll to Top