2019年 Globes が選んだ最も有望なITスタートアップ10選

Globes紙 とは?

Globes (ヘブライ語:גולבס) 紙はヘブライ語で書かれ、経済問題やイスラエルおよび国際的なビジネスニュースを専門とする、イスラエル最大かつ歴史のある日刊の金融新聞です。

2019年 Globes が選んだ最も有望なITスタートアップ10選-主催:J.P.モルガン

Globes紙は、イスラエルで活躍する地元のベンチャーキャピタル・ファンドマネジャー、投資会社、多国籍企業の事業開発センターなど業界関係者に、有望なITスタートアップ企業の名前を募り、投資家コミュニティーから最も多くの票を獲得した10社を「2019年 Globes紙 が選んだ最も有望なITスタートアップ」として発表しました。

近年、「起業国家」と称されるほどスタートアップ数が多く、年間1000を超えるスタートアップが設立されていると言われるイスラエル。国を挙げて技術革新に取り組んでおり、そのなかでも最先端のIT技術を活用したプロダクトは世界中から注目されています。

今回は、様々な分野で活躍するイスラエルの企業のなかから、多額の資金調達をするなど注目を浴びているスタートアップ10社の概要を紹介します。

インパクトMが著者の許可のもと、GlobesのUri Berkovitzの記事を翻訳し転載・編集したものです。

1. DriveNets

提供サービス:通信ネットワークインフラ用のクラウドソフトウェア
設立:2015年
創設者:イド・スーザン、ヒレル・コブリンスキー
従業員数:130名
本社:イスラエル・ラアナナ
資本調達額:1億1000万ドル
投資家:Pitango Venture Capital、Bessemer Venture Partners

サービス紹介(編集:インパクトM)

クラウドベースのネットワークサービスを提供しており、シスコやノキア、ファーウェイが競合となる。DriveNetsの強みは、格安のハードウェアとソフトウェアを使って、従来よりも早くて安いネットワークソリューションを提供することだ。大手機器メーカーは、ハードウェアやソフトウェア、サービスを組み合わせて販売しているのに対し、DriveNetsはソフトウェアのサブスクリプションで収益を稼ぐモデルを展開している。

2. JoyTunes

提供サービス:ピアノ学習アプリケーション(Simply Piano)
設立:2011年
創設者: ユーバル・カミンカ、イーガル・カミンカ、ローエ・イズコフスキー
従業員数:50名
本社:イスラエル・テルアビブ
資本調達額:4300万ドル
投資家:Qumra Capital Management、Insight Ventures、Aleph、Genesis Partners、Yelp founder and CEO Jeremy Stoppelman

サービス紹介(編集:インパクトM)

ピアノが独学で、しかもスマホのアプリを使ってマスターできるアプリ。初心者からプロまでピアノを楽しくスピーディーにマスターでき、さまざまな音楽ジャンルや、演奏レベルに合ったコースが用意されている。

3. Fabric 

提供サービス:高速なeコマース商品配達サービス
設立:2015年
創設者: エルラム・ゴレン、エヤル・ゴレン、オリ・アブラハム、シェイ・コーエン
従業員数:150名
本社:イスラエル・テルアビブ
資本調達額:1億3600万ドル
投資家:Corner Ventures、Innovation Endeavors、Temasek

サービス紹介(編集:インパクトM)

小売業者がオンデマンドのeコマースを実現できるようにするロボットおよびAIベースの物流プラットフォーム。既存の実店舗に併設された、デジタル注文専用の倉庫およびプライベートネットワークを構築することで、最短1時間での配達を可能にした。

4. Armis 

提供サービス:IoTためのサイバーセキュリティサービス
設立:2015年
創設者:イエヴゲニー・ディブロフ、ナディル・イズラエル、トマー・シュワルツ
従業員数:125名
本社:イスラエル・テルアビブとアメリカ・パロアルト
資本調達額:1億1200万ドル
投資家:Bain Capital Ventures、Cerca Partners、Sequoia、Insight Partners、 Michael Boodaei、Zohar Zisapel

サービス紹介(編集:インパクトM)

IoTデバイスに「エージェント」という専用のクライアントアプリケーションをインストールする必要がない、エージェントレスのIoTセキュリティ製品。ネットワークを可視化し、ネットワーク機器とネットワークに接続するIoTデバイス両方の制御を可能にする。対象のIoTデバイスがIT部門の管理下にあるかどうかにかかわらず、全てのIoTデバイスの動作をリアルタイムに追跡し、不審な操作や攻撃が実行される前に自動で阻止できる。攻撃を受けているIoTデバイスに注目し、不審な挙動がネットワーク内で確認できるのを待つのではなく、IoTデバイスを常時監視して挙動を検出する。

5. Verbit

提供サービス:AIをつかった文字起こしと動画字幕作成サービス。
設立:2017年
創設者: トム・リヴネ、エリック・シェレフ、コビ・ベン・ズヴィ
従業員数:70名
本社:イスラエル・テルアビブとアメリカ・ニューヨーク
資本調達額:3400万ドル
投資家:Viola Ventures、ClalTech、Vintage Investment Patrners、Vertex Ventures、Oryzn Capital、HV Ventures

サービス紹介(編集:インパクトM)

音声の書き起こし機能を使用してリアルタイムの文字起こしができるだけでなく、API連携で議事録を録音し、YouTube用の字幕を作成することができる。自動化や導入コストは無料で、1分単位での課金モデルを採用している。

6. Trigo 

提供サービス:チェックアウトレスの店舗技術
設立:2018年
創設者:マイケル・ガベイ、ダニエル・ガベイ
従業員数:45名
本社:イスラエル・テルアビブ
資本調達額:2900万ドル
投資家:Red Dot Capital Partners、Vertex Ventures、Hetz Ventures

サービス紹介(編集:インパクトM)

Trigoのシステムは、食料品店の天井に多数配置した人工知能を搭載したカメラとセンサーで構成されている。このハードウェアとソフトウェアの組み合わせにより、店舗の3D画像を作成し、買い物客の動きとその製品の選択をマッピング。こうした独自のデジタル技術を活用することで、チェックアウトレスでスムーズなショッピング体験を提供している。

7.Papaya Global

提供サービス:給与計算と支払い自動化プラットフォーム
設立:2016年
創設者: アイナット・グエズ、オフェル・ハーマン、ルーベン・ドロン
従業員数:40名
本社:イスラエル・テルアビブとアメリカ・ニューヨーク
資本調達額:5050万ドル
投資家:Bessemer Venture Partners、Insight Partners、Dynamic Loop Capital、WFF

サービス紹介(編集:インパクトM)

パパイヤグローバルのクラウドベース自動化プラットフォームは、企業が100カ国以上の人々を雇用し、管理し、給与の支払いすることを支援。企業のニーズにあわせて、シンプルなソリューションを提供するオールインワンプラットフォームが独自の強みである。

8. Logz.io

提供サービス:プログラマー向けのオープンコードベースのデータ分析システム
設立:2014年
創設者: トマー・レヴィ、アサフ・イーガル
従業員数:175名
本社:イスラエル・テルアビブ、イギリス・ボストン、ロンドン
資本調達額:1億ドル
投資家:General Catalyst、Vintage Investment Partners、Giza Venture Capital、Next47、83North Venture Capital

サービス紹介(編集:インパクトM)

Logz.ioは、機械学習を利用することでインテリジェントなログ分析を実行するAI対応ログ分析プラットフォームである。技術フォーラムや公開コードリポジトリでのディスカッションを含むログデータと人間とのやりとりから、インサイトを提供することができる。

9. Wiliot

提供サービス:IoT向け バッテリー不要のBluetoothチップ
設立:2016年
創設者: タル・タミール、ヤロン・エルバウム、アロン・イェヘスケエリ
従業員数:40名
本社:イスラエル・テルアビブ
資本調達額:50(通貨単位なし、原文ママ)
投資家:Amazon Web Services、Samsung Venture Investment、Avery Dennison、Grove Ventures、Norwest Venture Partners、83North Venture Capital、Qualcomm Ventures、M Ventures

サービス紹介(編集:インパクトM)

Bluetoothを活用した新たな技術として環境発電を利用して、周囲の電磁波からエネルギーを回収し、自ら電気を生み出し使うことができるバッテリーフリーのBluetoothタグを提供。スマートフォン、スマートスピーカー等、Bluetoothで通信可能な端末であれば読み取りが可能。全ての情報はプライバシーを保護するために暗号化されて通信される。

10. Duality

提供サービス:暗号化データの分析ツール
設立:2017年
創設者:リナ・シャインスキー、アロン・カウフマン、クルト・ローロフ、シャフィー・ゴールドワッサー、ヴィノッド・ヴァイクンタナタン
従業員数:22名
本社:イスラエル・テルアビブ、アメリカ・ニュージャージー
資本調達額:1900万ドル
投資家:Intel Capital、Hearst Ventures、Team8

サービス紹介(編集:インパクトM)

規制対象業界の企業が機密データを用いて共同作業するというニーズに対応。複数のチームが機密データで安全に共同作業し、AIおよびML推論モデル、SQLのようなクエリ、記述統計、ドメイン固有の計算などを高度なデータサイエンスを展開できる。高度な暗号化手法を活用することで、データ自体を公開せずに分析サイクル全体を通じてプライバシーの保護ができる。

本記事はインパクトMが著者の許可のもと、GlobesのUri Berkovitzの記事を翻訳し掲載しているものです。

Original Article: https://en.globes.co.il/en/article-globes-startup-of-the-year-drivenets-challenging-cisco-and-juniper-1001309627
Published by Globes, イスラエルビジネスニュース – en.globes.co.il, 2019年12月3日
Copyright of Globes Publisher Itonut (1983) Ltd. 2019

Scroll to Top