マーケティングオートメーションにおける5つの重要トレンド

マーケティングオートメーションは、ここ数年の間にオンラインビジネスの標準テクノロジーとなり、現在も利用企業は増加し、業界収益は、毎年30%以上の伸びています。

マーケティングオートメーションの採用企業数も、マーケティングオートメーションそのものも進化しています。新しいトレンド、テクノロジー、そして事例によりビジネスみおけるマーケティングオートメーションの役割や利点が変化してきているのです。

マーケティングオートメーションの重要トレンドをいくつか紹介します。

1. 自動化された戦略最適化

初期のマーケティングオートメーションはマーケターがマーケティングメッセージを適時に配信するなどの、退屈で反復的な仕事から解放されるだけのツールでした。しかし現在では、人工知能(AI)や機械学習により、マーケティングメッセージを自動的に最適化することができるようになりました。

例えば、AI技術であなたの会社のウェブサイトから、目録化、検出、さらに関連性により分類したコンテンツを個々のユーザーに合わせ自動配信します。

マーケティングオートメーションは、自社サイトやその他のチャネルにおけるユーザーの行動を追跡し、そのデータを使ってユーザーの興味や関心事項を探し出します。そしてリードを獲得するための最も関連の強いコンテンツとマーケティングメッセージをAIが自動的に探しだしてくれます。

そのため、現在のマーケティングオートメーションは業務の時間を短縮してくれるだけでなく、見込み顧客を見つけ出し、戦略全体のレベルアップもしてくれるのです。

2. 予測がより正確になったリードスコアリング

リードスコアリングは、マーケティングオートメーションにとって新しい機能ではありませんが、性能が大きく改善されていることは間違いありません。ほとんどのマーケターは、独自のスコア基準を作りあげているか、興味、ウェブサイト上での行動、電子メールのやり取りなどをベースにマーケティングオートメーションプラットフォームにバンドルされた自動計算ツールを使っています。

現在のマーケティングオートメーションツールは、機械学習によりアルゴリズムを改善し、リードスコアリングプロセスを改善しています。そのため、これまでよりも深い洞察が生データからできるようになり、リードの特性をベースに購買意向をより正確に評価することができるようになってきています。

リードスコアリングが正確になればなるほど、マーケターは、意思決定にこれをもっと利用するようになります。賢いマーケターは、リードスコアリングを使って、営業順位やマーケティングメッセージの優先順位を決定します。またこのリードスコアによって営業過程(ファネル)において的確なコンテンツが何であるかが分かるため、より正確なリードを獲得することができるのです。

3. より良いクロスチャネルマーケティング

マーケティングオートメーションの初期段階においては、マーケティングチャネル毎に新しい技術が次々に出現していました。皆さんも電子メール自動化ツール、ソーシャルメディアマーケティングツール、ブログ管理技術など、別々に持っていたことでしょう。

しかし現在では、オールインワンの製品がたくさんあります。ただ残念ながら、多くのマーケターは、自動化された仕事を管理するために、色々なツールを今でも使用しています。これも長くは続かないでしょう。その理由は、マーケティング活動をひとつにまとめたほうが、ビジネスゴールの達成により大きく貢献できるためです。

電子メール、ソーシャルメディア、モバイルマーケティングをすべて同じツールで使うほうが、複合的チャネルのマーケティング戦略を構築するのは簡単です。複数のチャネルやデバイスに対して一貫したマーケティングメッセージを配信することにより、営業工程におけるマーケティング活動の最適化、顧客ロイヤルティの向上などに役立ちます。実際に、オムニチャネルマーケティング戦略に強い企業は、平均89%の顧客維持に成功しているのに対し、弱いい企業の顧客維持率は33%です。

もしまだ複数のマーケティングチャネルに対し、5つ以上の技術を使って顧客にアプローチをしているのでしたら、是非一つにまとめてください。すべてのタスクを一つで扱うことができるマーケティングオートメーションプラットフォームか、または他の技術を統合してくれるプラットフォームなのかを検討ください。

4. これまでよりも実践的なマーケティング

ほとんどのデジタルマーケターにとって自動化とは、特定のプロセスを簡略化し、より戦略的な仕事にもっと時間を費やすことを意味します。

しかし残念なことに、マーケティングオートメーションを「設定して放っておくもの」と勘違いしている人も多いようです。ソーシャルメディアの投稿を自動化し、その結果、ソーシャルプラットフォームに対して費やす時間を短縮させるか、またはe-メールを設定してもパフォーマンス分析を停止させないマーケターが多く存在します。

できるマーケターは自分の能力をブランドとユーザーの共感を見つけ出すことや戦略の最適化により注力するべきだと気づいています。オーディエンスに対して効果的なメッセージを作り、発信することは自動化ができるのですから。オートメーションによって、オーディエンスをより理解し、さらに効果的なマーケティングメッセージを作成し、そして適切な時期に、適切なリードへ配信することができるのです。

マーケティングオートメーションを使いこなせるマーケターは、退屈な仕事を短縮化したいだけのライバルには、すでに勝つ準備が整っていると言えます。

5. チャットボットはマーケティングの標準に

AI搭載のマーケティングオートメーションにおけるもう一つの長所はチャットボットです。チャットボットは基本的に、メッセージングを介する自動会話プログラムです。

AIは、顧客のインテントデータや、営業ファネルに基づき、関連するコンテンツを自動的に提案することができます。また、この情報を使用して、セールス情報、顧客サービス、及びその他の提案をチャットボットで自動化することもできます。

企業は、チャットボットを利用して製品やサービスの推奨、マーケティングコンテンツの配信、ユーザーの囲い込み等々が可能になります。ほとんどのチャットボットは、フェイスブックのメッセンジャー、またはその他のメッセージングサービスで利用されていますが、自社ウェブサイトの簡単なアプリ(ウィジェット)としても設定することができます。

チャットボットは、新しいインタラクティブなマーケティングチャネルであり、AIがより正確で顧客に役立つ自動応答を作るようになれば、成長を続けていくでしょう。今後は、チャットボットを付属品と考えるのではなく、自社のマーケティング戦略に取り入れる企業が増えていくことでしよう。

今後もトレンドに注目

マーケティングオートメーションプラットフォームは、効率的かつ効果的にターゲットオーディエンスにアプローチするためのツール及びインテグレーションを継続的に提供します。新しい変化を利用できるマーケターは、業界内の競合他社に打ち勝つ競争力を持つことができるのでマーケティング戦略を自動的に最適化するための新しいチャンスには、常に目を光らせておく必要があります。

これはインパクトMが所属するBBNのブログ記事を翻訳及び要約したものです。

Scroll to Top