コンテンツの力

2019年10月15日

「コンテンツは王様」というフレーズを耳にしたことがあるでしょう。しかしコンテンツ、つまり他の人が読む、見る、または聞くために作ったものがよくなければ、素敵なデザインのウェブサイトでも誰の興味も引かず、またはソーシャルメディアのメッセージは誰の注意も引きません。

ところでコンテンツは厳密には何を指すのでしょうか?多くの人は、投稿記事やウェブサイト全体など、「コンテンツは大規模なもの」と誤解しているようです。分かりやすく言うと、コンテンツは、オーディエンスがやり取りをする、見る、または聞くすべてのものを指します。文字を使った素材、動画、写真、Podcast、ラジオ広告…これらもすべてコンテンツです。小さいからと言ってコンテンツとしてみなされないことはありません。

実際に小さいコンテンツの方が、効果が高い場合もあります。例えばeメールの件名です。eメールによるニュースレターを送信する際、私たちは何回かに分けて送信することがあります。1回目と2回目の違いは、件名のみです。このスペースに3語または4語しか使えないときは、慎重に言葉を選ばなければなりません。件名が変わるだけで、開封率が18%以上あがったこともあります。このたった3語の「広告」をクリックしてもらえなければ、ニュースレターは全く読まれないということを覚えておいてください。

自社ブランドについて語る

どの企業も、自社ブランドの選好度を高めるには良いコンテンツが必要だということを認識しています。そして各企業には必ずブランドストーリーというものがあります。ブランドストーリーは、公開のやり方さえ間違えなければ、どれも興味深く、魅力的です。勝手にメールを送り付ける方法ではなく、顧客を引き寄せるインバウンドマーケティングでは、ブランド及びコンテンツを中核に位置付けます。ソーシャルメディアマーケティング、検索エンジン最適化(SEO)、検索エンジンマーケティング、動画、プレゼンテーション、及び対面するイベントなど、インバウンドツールはたくさんありますが、生き生きとした優れたコンテンツがなければすべて効果はありません。どれを使うにしても、興味深いコンテンツが必要です。

忘れてはいけないのは、企業の大量のツイートをすべて読む人はいない、またウェブサイトを隅から隅まで見る人もいないということです。ほとんどの人は行き当たりばったりでコンテンツを見ます。こういった訪問者との関係を築くには、ゆっくりとつながる必要があります。そのため、すべてのメディアに対し、同じブランドストーリーを同じトーンで強化することが大事です。あなたの会社のブランド、声、製品、及びサービスの印象を統一してください。

コンテンツで質の高いセールスリードを獲得する

上記の最後のポイント「5.セールスリードを獲得・管理する」は特に重要です。ではコンテンツを使って、質の高い、つまり成約につながる可能性の高いセールスリードを獲得するにはどうしたらよいと思いますか?答えはそれほど難しくありません。良いコンテンツを作ることです。良いコンテンツがあれば、それが営業過程のどの段階に対するものであろうと、見込み客を顧客に一歩近づけることができます。さらに、非常に優れたコンテンツであれば、顧客を維持することができます。

有望な見込み客に効率よくマーケティングを行うには、見込み客の皆さんに正体を明かしてもらわなければなりません。そのために「ゲート付きコンテンツ」(アクセスするために登録を義務付ける)を使います。これによって訪問者の追跡が可能になり、それぞれの関心事項に合わせたコンテンツを提供することができます。

例えば、質の高いeブック、徹底解説付きの動画、またはベストプラクティスのリソースなどがコンテンツに含まれていれば、見込み客は名前やメールアドレスを提供してくれるでしょう。連絡先情報と消費した内容さえあれば、その訪問者がさらに何を欲しがっているかが予測できます。

多くのコンテンツプロバイダーが使う手段は、例えばYouTubeです。猫が遊んでいる動画とバイクレースの動画を見てみてください。すると突然、猫とバイクレースの新しい動画を次々と見せられます。これと同じことを見込み客に行い、関連性の高いコンテンツに誘導するのです。ここから分析とMA(マーケティングオートメーション)が動作し始めます。

コンテンツはやはり王様です。優れたウェブデザインを作ることはできます。ソーシャルメディアメッセージを大量に送ることもできます。高度なMAシステムを構築することもできます。しかし本当の意味で良いコンテンツがなければ、これらのツールや機能を理想的な状態で利用することはできません。

我が社は、コンテンツ戦略、または分析及びMAツールを使って、正しいオーディエンスに、正しいメッセージで、正しい時間にアプローチするお手伝いをします。でもまずは連絡先を入手しましょう。

これはインパクトMが所属するBBNの、Buzz Magazineの記事を翻訳し掲載しているものです

Scroll to Top